国際正道-空手連盟 FIKA 会長 Chairman 石井和義Image_94d31f4



昭和44年1月極真会館四国支部芦原道場入門。
昭和50年6月に22歳でナンバ大阪球場にて極真会館芦原道場大阪支部を設立。
以後大阪を中心に京都・神戸・岡山・奈良・姫路・堺へと支部道場を広げ延べ50,000人の指導にあたり、関西地区総責任者となる。
昭和55年6月青少年の健全育成と最強の空手道をめざし西成区岸里にて新日本空手道連盟正道館を設立。
昭和56年11月大阪市北区に正道会館総本部を設立し名称を正道会館と改める。
そして93年にK-1グランプリを開催し、現在はゼネラルプロデューサーとして世界各国でK-1をグローバルスポーツとして発展させている。2016年8月30日より国際正道-空手連盟 FIKAを正式発足し、更なる挑戦を続ける。